Bicycle a Go! Go!

MTB購入1週間でトラックに巻き込まれ骨折、家族からMTB禁止宣告を受けた男が、高額生命保険加入を条件にMTB禁止令解除!家族の夢と期待を背負って走って、走って、走りまくります!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大阪下町、渡し船でGo!Go!

さて、今回は友人タルちゃんと走る大阪下町ポタリング。 しかし2日前になってタルちゃん持病の腰痛が悪化...一時は計画延期も危ぶまれたが、「軟弱ポタ腰痛バージョンなら行けるはず...」との本人の判断から強行。 素晴らしく秋晴れのサイクリング日和に腰痛持ちと走ります...(笑)

・走行日 2005年10月24日(月)
・走行距離 36.5km
・平均移動速度 11.3km(笑)
・最高速度 23.6km
・移動時間 3時間14分
・停止時間
 3時間25分

下記地図は携帯GPS(eTrex Legend)による走行ログです
20051024map.jpg

大阪は平野であり、神戸とは違い坂の少ない自転車天国。 どこに行っても自転車、自転車、自転車...その上神戸では最近よく見かける電動アシスト自転車も大阪ではあまり見かけない。...坂が少ないから必要ないのかな...本日は渡し船を7つ乗り継ぐ。渡し船は全て無料なのだ...


DSCN0794.jpg
午前11:11
大阪ドーム前のTimesパーキングに車をデポ。駐車料金は一日最大1000円とのことでありがたい。大阪に向かう車中、タルちゃんはシートを倒してくの字に横たわる腰痛回避のポーズ...ホンマに大丈夫なんかいな?...

「ほな、いきまっせぇ~!とタルちゃんカラ元気の絶叫とともにとりあえず出発...


DSCN0796.jpg
午前11:27
大阪ドームを出てJR大正駅を越え南下、いい感じに下町情緒の裏通りを抜け川沿いを走ると最初の渡し船「落合上渡船場」到着。 「えっ!こんなとこにあるの!?」という場所に突然乗り場か出現する...


DSCN0798.jpg

もちろん渡し船には自転車のまま乗り込むことが出来る。原付やバイクは乗り込めないようだ。 乗り込んだあとは自転車を手で支え約1分の船旅を楽しみ対岸へ渡る。


DSCN0800.jpg
午前11:38
落合上渡船場から5分ほど走ると次なる渡船場「落合下渡船場」到着。こちらも同じく約1分の船旅。 落合上渡船にて対岸に渡ったばかりであるが、落合下渡船でまたしても対岸に渡る...つまり元の岸に戻っているのである...実に贅沢な船旅だ。 大阪市民の税金でまかなわれて無料のこの渡船も神戸市民の僕にはなんだか肩身が狭いような気も...せいぜい色々なところでお金を使って観光客としてのの使命を全うしますのでお許しを...と心でつぶやきつつ、乗り降りの際には「こんにちは~!」「ありがとうございましたぁ~!」とタルちゃんと二人して叫ぶ...


DSCN0811.jpg
午前11:52
下落合渡船場から少し走ったところに「サンクス平尾商店街」がある。この界隈はリトル沖縄ともよばれており沖縄の物産を扱う商店や飲食店も多く、家々の表札を見ていても沖縄っぽい名前が多い。 自転車から降りてしばし押しながら商店街を歩く。 商店街のBGMも沖縄民謡。

ちょうどいい具合にお昼時になったので、サンクス平尾商店街をくぐり抜けたところにある沖縄料理「いっちゃん」でお昼ご飯にする。



DSCN0806.jpg
午後0:06
沖縄料理「いっちゃん」は下町情緒あふれる食堂といった感じ。僕達が訪れたときに数人のお客さんがいたが皆さん沖縄の言葉で話している。 さて、今日の昼ご飯は、僕が「沖縄そば」、タルちゃんが「ソーキそば」 あと二人で食べようと「フーチャンプル」を注文。 沖縄そばは三枚肉も麺もだしも、どれもウマイ! タルちゃんのソーキも柔らかく絶品! フーチャンプルも三枚肉とスパム(ソーセージ)が入っておりこれまた激ウマ! 二人で唸りながら食べる。
...このお店、オススメです。


DSCN0812.jpg

お腹も一杯になったので、再び走り出す。 タルちゃんの腰に合わせてママチャリのおばちゃんにビュンビュン抜かされる腰痛対応速度でポタリング。...ここから渡し船を4つ乗り継いでいく。 まずは「千本松渡船」「木津川渡船」 渡船はだいたいお昼間は15分おきぐらいに運行されているのだが、木津川渡船はお昼までも40分おきくらの運行間隔になっているので注意が必要...今回は日頃の行いがよい二人連れ、なぜだかどの渡船場でも5分と待たずに乗船できた。...神に感謝...

大阪渡船時刻表についてはこちらのサイトが携帯にも対応しており便利です。


DSCN0817.jpg

お次は「千歳渡船」と「甚兵衛渡船」
今回も方向音痴の僕はもちろん携帯GPSを装備して走ったのだが、今回ほどそのありがたさを実感したことはなかった。 渡船場の場所は下町の裏路地の突き当たり..みたいな非常に分かりにくい場所が多く、聞くところによると近くに住む人でさえ渡船を利用しない人はその場所を知らないとか...たぶん僕が携帯GPSなしで走行したら、もう迷いに迷ってあきらめて帰っていただろう...

甚兵衛渡船で対岸に渡れば港区。 甚兵衛渡船は今回の渡船の中でもピカイチに短い乗船時間。 その様子をムービーでアップしておきましたのでどうぞご覧下せぇ。 

★甚兵衛渡船ムービー★



DSCN0830.jpg
午後2:40
天保山公園到着。 天保山公園の階段を上るとそこには天保山の頂上が...標高4.53メートル...日本一低い山である...すぐ近くの喫茶「山小屋」に行けば天保山登頂証明書も発行してもらえるらしい...行きたかったのだが、タルちゃんの希望で天保山ハーバービレッジへ向かう。 ハーバービレッジ内にある「なにわ食いしんぼう横町」でいか焼きやソフトクリームを食べ、コーヒーを飲んで休憩...なにぶん腰痛持ちをかかえてのポタリングの為やたら休憩が多い...ほとんど気分はリハビリである...


DSCN0837.jpg
午後4:13
天保山公園の裏側辺りに本日最後の渡船場「天保山渡船場」がある。この渡船は今までの中では一番距離があり乗りごたえがある。 約2分の船旅だ。 この天保山渡船はUSJのスタッフなども通勤に使用したりするらしい。渡船場の横を観光船のサンタマリアが通り過ぎる。


DSCN0845.jpg
午後4:31
天保山渡船で桜島に渡りUSJ横のユニバーサルシティーウォークを横目に見ながらちょっとだけ速度を上げて走る。 なにせ日が暮れはじめてきたのだ...本当はこの辺りでも休憩するつもりでいたのだが...素通り....


DSCN0847.jpg
午後4:43
USJを素通りして舞洲を目指す。 舞洲に渡るためには此花大橋を渡るのだが、此花大橋を渡るためには上記写真のグルグルスロープを走らなければならない...ぱっと見たときはぎょぇ~!マジっすか!と思ったのだが、上りはじめて見るとグルグルの距離が長いだけでスロープの角度も緩やかで面白いほど快適に走れる。 腰痛発生中のタルちゃんでさえ鼻歌交じりに快走...

スロープを渡り終えて、此花大橋に出る。 おい!もう夕日ですよ!!
37のオヤジ二人が「青春だ~!」「神よ10年時間を戻して下さぁ~い!」「俺は無実だぁ~!」などと支離滅裂なことを絶叫しながら、此花大橋を渡る...


DSCN0855.jpg
午後4:49
此花大橋を渡り終えようとしたとき、前方にとてつもない建物が!...

なんじゃこりゃぁ~~!!


これが有名な舞洲のゴミ焼却場なのだ。環境保護芸術家?のフリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー氏がデザインしたぶっ飛びなゴミ焼却場....湾岸線などから遠目に見たことはあったのだが間近で見るとそのつくりに正に目が点になる...一見の価値あり...内部見学も事前申し込みで出来るらしいのだが、どうやら10名以上~らしい...一度行ってみたい...

夕日に染まる舞洲を走る...立ち並ぶ建設用のクレーンが芸術的...


DSCN0861.jpg
午後5:28
完全に日が暮れてしまい、最後の通過ポイント「安治川トンネル」に到着。安治川トンネルは安治川の川底を通る地下トンネルでトンネルに降りるためにその両岸にエレベーターが設置されている。もちろん自転車もそのまま乗れるのだ。 エレベーターにはエレベーターガールならぬエレベーターおじさんがエレベーターを操作している。 

エレベーターに自転車ごと乗り込み地下道に下り自転車がなんとか行き違えるくらいの広さのトンネルを数十メートル程進むと、今度は地上に出るためのエレベータに乗り込む。
安治川トンネルを過ぎたら大阪ドームは目前。 駐車場に帰り着いたのは午後6時前だった...



今回のポタリングはタルちゃんの腰痛ということもあったのだが、いつもよりゆったりした速度で楽しみたいコースだと思った。 ほとんどアップダウンはなく、ママチャリでも十分対応できる。 走り終えて、今度はぜひとも嫁さんや子供を連れて一緒に走りたいと思った。 嫁さんと子供はチャイルドシート付のママチャリでも十分いけるだろう...きっと子供は大喜びだろうなぁ...真剣に検討中...(笑)

テーマ:ポタリング - ジャンル:旅行

  1. 2005/10/24(月) 23:13:13|
  2. 一匹狼のツーリング記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。