Bicycle a Go! Go!

MTB購入1週間でトラックに巻き込まれ骨折、家族からMTB禁止宣告を受けた男が、高額生命保険加入を条件にMTB禁止令解除!家族の夢と期待を背負って走って、走って、走りまくります!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ノロがどうした!日生カキオコGo!Go!

またも、自転車ブログの更新を怠っておりました...
毎月走って、写真や旅記録をとり貯めてるのですが、毎日の生活に流されてしまい、なかなかアップできていません...汗

あまり走ることができないこれからの時期に、少しずつ整理してアップしてゆきたいと思っております!



・走行日 2006年12月18日(月)
・走行距離 104.7km
・平均移動速度 21.9km
・最高速度 44.3km
・移動時間 4時間45分
・停止時間
 4時間56分


下記地図は携帯GPS(MioP350)による走行ログをGoogleEarthで展開したものです。20061218map2.jpg



DSCN4587.jpg
午前10:02
本日はプチ・グルメツアー(笑) 立ち寄るお店の開店時間に合わせるため少しゆっくり目の出発。 そしてグルメのほかに、今回のツーリングの楽しみの一つが写真左の携帯GPS Mio P350 これまで使っていた携帯GPSのeTrexが液晶故障の為入院と相成って、いつものごとく嫁さんに内緒で新しく購入。 僕にとって携帯GPSは命綱...何せ自転車専用道でも当たり前のように道に迷う超方向音痴なのだ...

今日の自転車は20インチの小径折りたたみ KHS F20-R。自宅からクルクルと走り出しウォーミングアップ。体が温まり舞子公園でウインドブレーカーを脱ぐ。



DSCN4592.jpg
午前10:39
明石港にほど近いところにある地元の人に人気の明石焼きのお店「ふなまち」到着。 土曜日曜のお昼ともなると長蛇の列ができていてなかなか入ることができないのだが、本日は開店時間早々の到着ですんなり入店できた。 それでも中には既にお客さんが...
小さなお店で店内に椅子が6席。 できあがった明石焼きを早速頂く..

うま~~ぃ....しあわせ...

パリッとした外側に、トロトロの中身...熱々を冷たい鰹出汁で頂く。至福の朝食。 大きなたこが入った大玉の明石焼き20個で500円!価格にまた感動...



DSCN4596.jpg
午前11:08
「ふなまち」を出発。 加古川を目指す。
昨日までの暖かな冬の日とはうってかわって、本日はいきなり気温低下↓。予想最低気温4度、予想最高気温7度との予報。
今回持ってきた携帯GPSはこれまで使ってきたeTrexと違い、カーナビのような機能を持っており、「300m先右方向です」などとおねぇさんの声で案内してくれる。しかし、このおねぇさんが少々天然で「およそ12km先分岐左側です」などと12kmも先の案内をしてくれたりする。
...と、おねぇさんの案内に従いながら国道2号線を加古川へ



DSCN4606.jpg
午後0:36
加古川本町にあるカツめしの老舗?「旭食堂」に到着。
店内も外観も昭和30年代頃を感じさせてしまうお店だが、店内は古ぼけてレトロながらも非常に掃除や手入れが行き届いていて気持ちがいい。 
「カツめし」をご存じない方のために...カツめしとは、加古川のご当地名物料理でご飯に薄切りのビーフカツがのっており、それにデミグラスベースのソースがかかっている。付け合わせはレタスや茹でキャベツなどが多いようだ。



DSCN4604.jpg

「旭食堂」さんのカツめし....ウマイの一言...

おじいちゃんと、おばあちゃんがされているお店で、料理やサービス、店内の様子全てに何ともいえない暖かみが感じられる。値段もリーズナブルでボリュームも満点。 
朝食の「明石焼き」、昼食の「カツめし」で予想外の満腹度120%状態となり、お次のグルメスポット、姫路を目指して加古川を渡る。



DSCN4610.jpg
午後1:16
ナビのおねぇさんが「まもなく分岐、左側ですとの案内。

「これが12kmも前からおねぇさんがうったえていた分岐なのだな..」

..と、迷わず左側へ...って、おい!!

これ、姫路バイパスやん!

天然のおねぇさんに危うくだまされるところだった...
12kmも手前からネタを仕込んでいたナビのおねぇさんに脱帽するとともに、何事も人の言うことを鵜呑みにしてはいけないということを再確認した...



DSCN4616.jpg
午後1:57
JR姫路駅到着。
予定ではココで「おやつタイム!」姫路駅名物「駅そば」を食べるつもりでいたのだが、明石焼きとカツめしが思いの外ボリュームがあったことと、小径の自転車でブラブラ走ってきたのとでおなかが全然空いていない。



DSCN4626.jpg

そこで「駅そば」は断念し、駅前の喫茶店でコーヒー休憩。友人に写メを送りまくる。
30分ほどコーヒーで暖をとり休憩。午後2:48に姫路出発。
ちょうどMioP350のバッテリー残量警告が出はじめていたので、持参した外部バッテリー「モバイルバッテリー・スリム」を繋ぐ。 Mioの内蔵バッテリーは2時間ほどしかもたず、長いツーリングには外部バッテリーは必需品。 今回はこの「モバイルバッテリー・スリム」を2個持参。



DSCN4631.jpg
午後4:31
網干をすぎて、相生にある道の駅「ぺーロン城」通過。
しかし、寒いぃ...

寒いのはいいのだが、僕の場合、寒さの中を長時間走ると遠くのものが二重に見えるという症状が出はじめる。 どうやら僕だけのことではないようだが、寒さなんかより、これには本当に参ってしまう...
なにせ、一本であるはずの道路の白線が二本に見えたり、併走して走る電車の窓が二重になり二階建てのロマンスカーのように見えてしまうのだ。 

少し暖をとれば元通りに回復するのだが、しばらく寒さの中を走るとまた同じ症状に悩まされる。 しかし、面白いもので、そのうちこれが慣れてきて、白線二本、ロマンスカー併走が当たり前のように感じてきてしまう...



DSCN4637.jpg
午後5:21
今回一番の難所?鯰峠を越えて、赤穂市に入る頃には日がほとんど暮れかけていた。 冷え切った身体で懸命にクルクル回し、赤穂海浜公園の向かいにある温泉「くらのすけ」到着。
ここまでで約90km。...もう完全に冷え切った身体をゆっくり温める。

湯につかり、まわりなど気にせず「あぁ~極楽ぅ~~うぅ~極楽ぅ~~」オヤジモードで何度も何度もつぶやいてしまう...本当に極楽とはこういう状態のことだろう...



DSCN4643.jpg
午後7:06
温泉で極楽を体験したあと、ホカホカの身体で残り約15km!
赤穂の「くらのすけ」から船坂峠を越えて最終目的地日生へ。

ところがこの船坂峠が曲者....
勾配はそれほどでもないのだが、日が暮れた後は...

街灯もない、車も走らない...もう、真っ暗けのけ なのだ....

思い切り湯冷めしながら極楽から地獄へ...

真っ暗な峠道、こんな時に限ってさっきまで賑やかに案内をしていたナビのおねぇさんも黙ったまま、仕方なく「浪花節だよ人生は」を歌う...なぜ「浪花節だよ人生は」だったのかは全く不明...

そんなこんなで、最終目的地、日生に到着!



DSCN4651.jpg
冬の日生といえばカキオコ! 今回は「タマちゃん」というお店。メディアにもかなり出ている日生カキおこでは有名なお店で、店内には有名人のサインや写真がずらり。

タマちゃんの大将...想像していたとおり、オモロイおっちゃん

で、カキおこ....もう、もう絶品!!

僕が今回注文したのはポピュラーな「カキおこ」だったのだが、実はこのお店のオススメは

1.たまがき3(たまがきさんと読む)
2.アナゴの角焼
3.かきねぎ焼き
4.カキおこ


の順番だそう...
...って、大将、それを早よ言うてよ...

カキおこは半分ソース、半分岩塩が降られた状態で供される。
岩塩がかかったカキおこ..初体験...

ウマ杉...



DSCN4645.jpg

第四位のカキオコでこの美味さ...ならば、第一位、第二位はいったい....今シーズン中に家族を全員引き連れて再来店を堅く決意!
大将!必ずまた来まっせ~!(写真左がピースサインのタマちゃんの大将)



DSCN4659.jpg
午後8:16
タマちゃんからすぐ目と鼻の先に、JR赤穂線「寒河(そうご)駅」がある。駅前で自転車を折りたたみ輪行バッグに詰め込む。

この寒河駅は単線の無人駅なのだが、駅にはかなり大雑把な運賃表と、メチャクチャ大雑把な券売機がある。 主要駅(姫路、明石、三宮、大阪等)までの切符しか買うことができないのだ。 仕方なく明石までの切符を買って電車に乗り込む。



DSCN4665.jpg
午後9:14
相生駅で乗り換えて、」姫路駅で快速待ち。
ふと見ると駅のホームに「えきそば」の文字。
往きに満腹で断念した「駅そば」だ。 ちょうど小腹も空いてきたことなので、電車を降り、えきそば330円を注文。

駅そばとは、鰹出汁にかんすいを使った黄色の中華麺とてんぷらが入ったミスマッチな食べ物で、もともと戦後間もない頃、駅でうどんを提供しようとしたところ、うどんは足がはやく腐りやすかった為、代わりに中華麺を使いはじめたのが始まりだそうだ。

ウマイ!...ってわけではないのだが、なんとも懐かしいというか素朴というか、以外とはまってしまう味で、JR姫路駅の名物として定着しており、帰省した際には必ず立ち寄ってしまうという人も多いらしい。


...さてさて、そんなこんなで、2006年最後のロングライド、寒さに少し参らされたが、その土地土地の庶民的グルメを堪能して満足至極。来年も走って、食べて、休んで、また走って、食べて!...自転車って本当におもしろい

テーマ:ポタリング - ジャンル:旅行

  1. 2006/12/21(木) 04:36:18|
  2. 一匹狼のツーリング記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:160

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。