Bicycle a Go! Go!

MTB購入1週間でトラックに巻き込まれ骨折、家族からMTB禁止宣告を受けた男が、高額生命保険加入を条件にMTB禁止令解除!家族の夢と期待を背負って走って、走って、走りまくります!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今が旬!日生「カキオコ」激寒Go!Go!

tepさんに教えてもらった日生(ひなせ)名物「カキオコ」。(牡蠣のいっぱい入ったお好み焼き) 予定が合わずtepさんとはご一緒できなかったが、「う~ん...今が旬なら、やっぱり食べてみたい...」...そんなこんなで気温氷点下の夜明け前、「カキオコ」食べたい一心で走ります。

・走行日 2006年1月23日(月)
・走行距離 62.4km
・平均移動速度 20.2km
・最高速度 49.5km
・移動時間 3時間05分
・停止時間
 4時間54分

下記地図は携帯GPS(eTrex Legend)による走行ログです
20060123map.jpg


昨日までのゆるんだ寒さとはうってかわって、夜明け前の気温は-3℃...つま先にカイロを貼っつけて、シューズカバーも装着して、レーパンの下にはパッチ、冬用ジャージにウインドブレーカー...完全装備にていざ出発!


DSCN2258.jpg
午前7:09
気温氷点下と身を切るような寒さの中、気合いで出発。 須磨からは普通電車、西明石で快速に乗り換え次の乗換駅「姫路」を目指す。..と、加古川を越えた辺り、ふと窓の外を見ると...

ぎょぇ~!!\(◎o◎)/
雪積もってるじゃないですか!!


乗り換えの姫路駅も雪化粧、竜野を通過する辺りでは積雪に加えて

吹雪いてますよ...

「あちゃぁ~勘弁してくだせぇ~よ~...こんな日に走るなんて、ある意味狂ってるな俺...もう笑ってまうわ...ウヘヘヘ...」などと窓の外を眺めながらブツブツつぶやく僕...ふと背中に何かを感じ振り替えると、OLらしい若い女性二人組の視線を浴びまくっていた...月曜の朝、窓の外の雪景色を見つめながら薄ら笑いを浮かべてつぶやくオッサン...どう考えてもかなりアブナイ...


DSCN2266.jpg
午前9:03
JR和気駅に到着し自転車を組み上げる。 駅の気温計は摂氏0℃.....幸い、備前市に入った辺りから積雪も消え和気駅周辺にも雪は見えない。「助かった...」...しかし、マジで寒い..寒すぎる...とりあえずヘルメットの下にヘッドバンドを装着して、まずは片鉄ロマン街道サイクリングコースを南に走り始める。


DSCN2273.jpg

走り始めて10分程度、鼻水止まらず...口は凍って半開き...半開きの口からヨダレが飛び散る...

こりゃもう限界っす...

と、片鉄ロマン街道途中の清水駅にて一旦降車、最終兵器を取り出す。ニット帽とマスクとネックウォーマーが合体したような目出し帽のような...何はともあれ装着。 その上からヘルメットにサングラス。 パッと見、無茶苦茶ヤバイ。 このままコンビニに入店すると、即カラーボールを投げつけられるだろう...


DSCN2279.jpg
午前10:02
朝から何も食べていなかったので、片鉄ロマン街道「清水駅」跡にてコンビニで買ったおにぎりと野菜ジュースで朝食をとり再び走り出す。しばらくすると「清水トンネル」。

ご存じない方の為に...片鉄ロマン街道とは岡山県の備前市から,同県の柵原(やなはら)町までを南北に結んでいた鉱山鉄道で1991年に廃線になった後、線路部分を取り払いサイクリング専用に整備した道路で、コースには当時のほとんどの駅舎やトンネルなどがそのままの状態で保存されている。


DSCN2283.jpg
午前10:42
西片上まで片鉄ロマン街道を南下、そこからは国道250号線を走り、日生到着。250号線は比較的走りやすい道ではあるがトラックが多い。気温もいくぶん上がってきたようで少し救われる...


DSCN2292.jpg
午前10:53
日生の商店街をぶらぶらと散策し、本日一番のお目当て「カキオコ」のお店を目指す。事前にインターネットで情報収集した結果、本日のお店「ほり」さんに決定! 僕がこのお店に決めた理由は...日生の「工藤静香」とよばれるおねぇさん!(日生では何歳になっても女性はおねぇさんと呼ばれるらしい...)...ここだけのお話し...僕は中学の時、サスペンスにたびたび登場した松尾嘉代にハマって以来の熟女ファン...って、カキオコと関係ないやン!...そんなこんなで期待に胸を膨らませてのれんをくぐる...


DSCN2294.jpg

お店の営業時間は午前11時~ のれんが出ていたのでお店に入ったのだが、僕が入ったのが11時少し前... ということで本日最初のお客さんとなる。

おうおう~
工藤静香~!なるほど~


テーブル席が3つとカウンターのこぢんまりした店内。 カウンターに腰掛け、カキオコ牡蠣増量玉子入り 800円を注文。 程なく地元の漁師さんらしいおじさんが横にいらっしゃって「人間のエサをくれ~!牡蠣!牡蠣!」などと午前中からいい調子...今年の牡蠣は粒が大きく、おねぇさんは火が通りやすいように牡蠣に少し包丁を入れてからお好み焼きの上に。 愛想のいい工藤静香似のおねぇさんと会話を楽しみながらカキオコをほおばる。 

むちゃくちゃ美味しいです~

牡蠣の入ったお好み焼きなら今までにも食べたことはあるのだが、これは正に別格。やはり牡蠣の新鮮さが違うのだろう...食べ終わる頃には店内すでに満席。 おまけに近所のおばちゃんがお持ち帰りを電話で注文してきたりと大忙しの様子...


DSCN2305.jpg
午前11:37
工藤静香似のおねぇさんに後ろ髪を引かれながらも忙しい時間帯に営業妨害も出来ないので「おねぇさん!また必ず会いに来ます~!」などとカキオコとは関係のない挨拶を交わして店を出る。...そして、目指すは次なる日生グルメ「山東水餃大王」

かなり有名なお店だそうなのだが、贈答の製造発送などもされているそうで、繁忙期は店の方はされていないとのこと...日生商店街の一番奥の方にあり、行ってみると幸運にも営業されていた。 早速中に入り水餃子を注文。 店主にうかがった話では、台湾にある同名の店で修行されたそうで、調味料等は台湾から直輸入だそうだ。 出来上がった水餃子を酢醤油のようなタレで頂く。 ウンマイ!美味すぎる!薄目のプリプリした皮、中身の餡もジューシー、ニンニクは使わず岡山産の黄ニラを使用。 これは是非とも女房子供にも食べさせてやりたい! クール宅急便で地方発送もお願いできるとのことで、早速水餃子100個を注文。


DSCN2311.jpg
午前11:57
お腹も心も満たされたところで、日生港の突端にある海の駅「しおじ」に立ち寄る。新鮮な牡蠣を安価で購入できるとあって沢山の観光客が観光バスで乗り付けている。 僕も買って帰りたいのは山々だったのだが、なにぶん自転車なもので今回は見るだけ...


DSCN2315.jpg
午後0:18
日生を後にして再び国道250号線を走る。 目指すは赤穂!


DSCN2324.jpg
午後1:05
赤穂到着。 赤穂城前にある「赤穂玩具博物館」に立ち寄るつもりでいたのだが...「んん??」店の前に網が張られている...ホームページには平日も12時~19時まで営業とあったのだが、どうやら最近は週末のみの営業らしい...残念...


DSCN2329.jpg
午後1:14
せっかく赤穂に来たのだから..と、忠臣蔵ゆかりの大石神社に立ち寄る。


DSCN2330.jpg

境内に足を踏み入れてみると...

こりゃいったい何んっすか~!?!?

最近の神社は遊び心満載である。境内にはオヤジのダジャレのようななんともイカシタおみくじや絵馬が各種色々...すごすぎる...(写真では2種類しか紹介できていませんが、まだまだまだまだあるのです...)


DSCN2332.jpg

と、境内の一番奥に「水みくじ」というおみくじが...非常に興味を持ったのでひいてみることに...


DSCN2334.jpg

第六番...もらったおみくじには何も書いていない...これを境内の手水鉢にて水にひたすと文字が浮かび上がるらしい...


DSCN2337.jpg

おうおう~!何やら文字が出てきました...

金銭:浪費に注意


正にその通り。おみくじに言われるまでもない... 日頃の自分を激しく反省しながら大石神社をあとにする...


DSCN2344.jpg
午後2:01
赤穂御崎到着。 携帯GPSに導かれるまま走っていると伊和都比売神社に突き当たってしまい、どうしたものかとウロウロ辺りを見回すと、御崎の方に降りる階段が...自転車を担いで海岸に降りると素晴らしい眺め。狭いながらも遊歩道が続いており走ってみることに...でも、これ、予定してたルートと違うよな!?...たぶん...さてお得意の迷走の始まりだ...


DSCN2350.jpg
午後2:14
御崎の崖っぷち、ガードレールも手すりもないような些か危険な遊歩道を自転車でアップダウン...非常に眺めのよい御崎の突端にたどり着く。

さて、ここで本日の秘密兵器。 携帯コンロとブルックスの1杯19円のコーヒーを取り出す。本日は「モカ」

御崎の崖っぷちに腰掛けながら一人黄昏れるオッサン一人...友人知人に赤穂御崎の風景に酔いしれながら黄昏れるオヤジの写真を写メ送信...

即座に次々と返信着信アリ。

「アホ!」、「一人でたそがれとけ!」、「つまらんメールを送ってくるな!」...など反応は様々ではあるが暖かい声援を受ける...


DSCN2351.jpg
午後2:36
この道は本当に大丈夫なのだろうか...と些か不安になりながらも、そこここで小規模な落石の跡のある崖っぷちの道をソロソロと走る...と、やはり行き止まり


DSCN2359.jpg

仕方なく、自転車を担いで階段を登る。 今回乗ってきた自転車は昨年暮れに購入したFELTのロード。 重量はなんと7.5kg!...以前担ぎまくっていたGTのMTBは重量16kg...半分以下の自転車を軽々と持ち上げて笑顔で登る...ウフフ...ウフフ...

のぼりつくと「赤穂市立 御崎レストハウス」横だった。


DSCN2362.jpg
午後2:44
本来走るべきであったルートに戻り、県道32号線を走る。非常に展望のよい道路で海原の向こうに見えるは小豆島。適度なアップダウンが心地よく快走。アース製薬の工場横を通り過ぎて坂越へ...


DSCN2371.jpg
午後3:10
坂越港を通過して県道568号線に入った辺り、いきなり急な坂が出現!冬場に入って運動不足の僕の身体は先程からいくぶん太股の内側が痙攣してるかな...と思っていたのだが...この急坂の突然の出現によりあえなく昇天...

エマージェンシー:両太股が一度につりました!!

あまりのいきなりの出来事にビンディングが抜けずに大慌て...なんとか転倒だけは免れたが、自転車から降りて坂道を押そうと一歩踏み出すと踏み出した足がツルという状態...仕方なく立ちつくす。 何台か漁師さんらしい人の軽トラがこちらをのぞき込みながら走り去るが、僕はとりあえず携帯電話を取り出して、あたかも誰かと電話しているフリを装いその場で5分ほどヘタレタ太股の回復を待つ...


DSCN2374.jpg
午後3:19
太股も痛みは残るもののなんとか自転車をこげるまでに回復し、再び走り始める。 と、前方にトンネル...僕はトンネルにはめっぽう弱い...なにせ一度トラックに巻き込まれた経験のあるトラウマ自転車乗り、後ろから迫ってくるトラックや車が怖いのだ...それにこのトンネルは車線が1車線半くらいしかなく車が行き交うにはトンネル内の待避帯を使わなければならないようだ...

そこで、トンネル走行時の秘密兵器投入!...MP3プレーヤーだ。...通常の走行では後方から情報を得にくくなるので僕は怖くて使用できないのだが、ことトンネル内では後方からの情報が無い方が僕にとっては有り難い。 耳にイヤホンをセットしていざ突入!本日の曲はブルース・スプリングスティーンの「Born To Run」...「ベイビー、俺達は走るために生まれてきたんだぜぇ~!」と耳元で絶叫するブルース、僕も自分を奮い立たせるために歌に合わせて絶叫しながらトンネル通過...

橋を渡れば2つ目のトンネル...このトンネルが些か上り坂でヘロヘロになりながらもブルースに励まされて離脱......「ベイビー、俺達は走るために生まれてきたんだぜぇ~!」


DSCN2379.jpg
午後3:36
道の駅あいおい白龍城(ぺーロン城)到着。 自転車を駐車場のフェンスに係留して中に入る。 相生の名産物の販売や軽食コーナーもあるド派手な道の駅。 目的はもちろん温泉 僕はだいたいにおいてロングツーリングの最後の方では温泉に入る。 夏であろうが冬であろうが長い距離を走った後の温泉は格別なものがある。

本日もゆっくりと入浴。 冬場の寒風吹きすさぶ中とはいえ、まとまった距離を走るとウインドブレーカーの中はぐっしょりで、下着のTシャツも汗だくになっている。冬場であろうが着替えの下着は必携。 入浴後、軽食コーナーにて豚まんとアイスコーヒーで一服してから出発。


DSCN2383.jpg
午後4:59
JR相生駅到着。 相生駅に向かう途中で「ど根性大根 大ちゃん」の敷石が...そう言えば去年の暮れにニュースで出ていたアスファルトを突き破って生えてきた大根、あれは確か相生だった。なるほど~

相生駅前で自転車を再びバラして輪行袋につめ電車に乗り込む。
午後7時前、JR須磨駅到着。

今回は久しぶりのロングライド。 20km、30kmであればチョコチョコと走っていたのだが、50kmを越える走りは昨年11月のしまなみ海道以来。足はつるわ、尻は痛いわ...冬場の運動不足を実感した...

春が待ち遠しい...

テーマ:ポタリング - ジャンル:旅行

  1. 2006/01/30(月) 22:38:51|
  2. 一匹狼のツーリング記録
  3. | トラックバック:6
  4. | コメント:7

初めての山!義経道へGo!Go!

マウンテンバイクに乗りながら、これまで一度も山に入ったことがなかった... 機会がなかったといえばそれまでだが...そんな折、tepさんから「義経道に行ってみませんか?」との有り難いお誘いを受けた。

・走行日 2005年12月12日(月)
・走行距離 44.4km
・平均移動速度 14.3km
・最高速度 49.1km
・移動時間 3時間05分
・停止時間
 2時間27分

下記地図は携帯GPS(eTrex Legend)による走行ログです
20051212map.jpg


本日僕は月曜定休日。 tepさんもたまたま会社がお休みとのこと、たまの平日の休みというのにに義経道の計画。心から感謝。



DSCN1627.jpg
午前8:37
自宅を出発して走り始める。 午前9時過ぎに地下鉄板宿駅に到着。自転車をたたんで、地下鉄に乗り込み、午前9時半頃、地下鉄西神中央駅到着。tepさんに携帯から連絡を入れ、自転車を組み上げ、駅前のトヨタ販売の前のベンチでおむすびと野菜ジュースの朝食。 程なくtepさんが到着して走り始める。 昨日までの気温とは違って今朝から急に寒くなった...tepさんも僕も鼻水が止まらない...


DSCN1629.jpg
午前10:47
神鉄藍那駅近くにある藍那小学校の脇から丹生山系縦走路(通称:義経道?)が始まる。 西神中央からここにたどり着くまでに、ちょっと強烈な坂道があり、息も絶え絶えに登ったお陰で身体はウォーミングアップ完了!ウォーミングアップどころか暑いくらい...


DSCN1638.jpg
午前11:01
藍那小学校からしばらくは舗装された道。そして、しばらく行くと左手に「丹生山」の標識が出てくる。ここからが本番。 いきなりオフロードの急坂...慣れた人ならこんな所も楽しみながら自転車にまたがって登るのだろうが、本日は素直に降りて押します...


DSCN1642.jpg

急な坂道を登り切り、シングルトラックを、「走ったり」「押したり」「走ったり」「押したり」「押したり」...していると前方に なんと車が! 

それも2台も!!


途中、自転車一台がやっと通れるような道ばかりだったのに、いったいぜんたいどうやってここまで運んだのか!?!? 空から投げ落としたとしか考えられないような場所なのだ...かなり長い間放置されていたとみえボロボロに...役所も不法投棄を認識しているのだろうが、これを運び出すことが出来ないのだろう....不届き千万...なぜ、こんなことをするのだろう...


DSCN1658.jpg

気を取り直して走る。 だんだん山道に少し慣れてきた。 調子に乗って走る。 本日は山道だけではなくコース的に道路を走る比率も高かったため、ペダルは片面ビンディングで片面ベタのものを選択したのだが、これは完全に間違いだった...片面ベタとはいえシューズにクリートがついているため実に走りづらいしひっかかるのだ...それにサドルの位置も低くしなかったため、何度もパンツのパッドがサドルに引っかかって半ケツ状態に...

しかし、実に面白い!完全にハマってしまった...

DSCN1660.jpg
午前11:42
義経道から一般道へ。 本日走行したコースは、丹生山系縦走路(義経道)の全行程の一部で、全てを走破したわけではない。 こんなに面白いのなら近いうち是非とも全行程にチャレンジしたいと思う。

さて、ここからは一般道を走り再度公園(ふたたびこうえん)を目指す。 山の中ではスピードも出ず寒さをそれほど感じなかったが、一般道で風を切って走り出すと、もう鼻水が止まりません...


DSCN1665.jpg
午後0:38
途中なかなか厳しい上り坂などもあり小一時間ほど走って再度公園到着。...しかしtepさん...なかなか健脚の持ち主で「キツイ坂ですねぇ~」などと言いながらも息切れはなし。.坂道を飛ばすと言うことはないのだが安定したペースでクルクル登ってしまう...僕はといえば「ホン..ホ..ホンマにキツ...キツイですね..ェ...ェ..」と息も絶え絶え...まだまだ修行が足りません...


DSCN1669.jpg
午後0:47
再度公園の茶店にておでんを買う。茶店の店先には、「おでん」ではなく「関東煮」....「焼きそば」ではなく「そば焼き」とのメニューの張り紙が...

そうそう、そうなのだ!

神戸では「おでん」ではなく「関東煮」(関東炊きとも言う)であり、「焼きそば」ではなく「そば焼き」なのだ!(笑)...茶店は70才代くらいのおばあちゃんが一人できりもり...「寒いねぇ~」と関東煮をよそってくれる...これほど寒くてはおばあちゃんも商売あがったりの様子...

先程まで上り坂を息も絶え絶えで上がってきたので身体も顔も上気していたが、ほんの数分で急激に冷却...震えながら関東煮を頂く。

関東煮を頂き、缶コーヒーで暖をとってtepさんとしばし歓談していたのだが、あまりの寒さに口元が固まりはじめ、二人とも言葉がおかしくなり始めたので出発。 tepさんとはここでお別れ。 tepさんは再度公園からもときた道を走り戻り、僕は諏訪山を経て元町方面へ下る。
tepさんありがとうございました!そして、お疲れ様でした!


DSCN1694.jpg
午後1:41
再度公園からはほとんど下り。 本来下りは爽快であるはずなのだが、今日はもう辛すぎ...寒いのなんのって鼻水チョチョ切れ状態....坂を下って下って、諏訪山のビーナスブリッジ到着。 とりあえず写真だけ撮影。 この寒さでは観光客も皆無...


DSCN1692.jpg

ビーナスブリッジには数年前から、恋人同士が愛を誓って橋に南京錠をかけるというのが流行ってしまい、一時期は橋がもう見苦しいほど南京錠だらけになっていた... たまりかねた市が、南京錠をかけるモニュメントを作成。 そのモニュメントも一杯になりかけたので、今度は、その年にかけられた南京錠を一旦カッターで全て切ってはずし、それら全てを溶かしてハートのプレートにしてモニュメント前に設置するということになったらしい。 夏のシーズンに南京錠の屋台を出すと一儲けできるかも...

...はてさて、この後は寒風吹きすさぶ中、元町を経て帰宅の途へ。
実に寒い一日ではあったが、シングルトラックに開眼してしまい有意義な経験が出来た。 近いうちにまた行こうと思っている。


テーマ:ポタリング - ジャンル:旅行

  1. 2005/12/17(土) 16:05:44|
  2. 一匹狼のツーリング記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。